空撮料金について

KKアルバドローン空撮チラシ

KKアルバ_ドローン空撮チラシA4_cs5.++

ドローン空撮のメリット

●同条件では航空機撮影と比較してが安価。(カット数・日時の指定なども設定しやすい)
●ヘリ・セスナでは撮影できない高度0~150m未満の範囲も撮影できる。 
●その場で確認できるため、撮り直しも可能。
●撮影の自由度が高い。機動力があり、撮影のタイミングも柔軟に対応できる。
●接写ができる。(接写できない被写体もあります)
●動画撮影も可能

ドローン空撮料金(税別)

●スチール撮影(記念撮影・パンフレット等の広報物に)
 空撮1フライト    ¥60,000
 追加フライト(1フライトにつき)    ¥15,000
 ※1フライト … 約20分で約20カットの撮影。
●ムービー撮影(企業や観光地のPR動画・HP用動画等)
 半日撮影(撮影・編集・1回)    ¥100,000
 1日撮影(撮影・編集・1回)    ¥200,000



※雨の日、風の強い日など、天候により撮影できない場合があります。
※周りに高層建造物、電線等がある場合は、撮影できる範囲が限定される場合があります。
※撮影は、2~3名(カメラマン・パイロット・アシスタント)でおこないます。

新しい表現ができる「ドローン空撮」

航空法の関係により、「航空機」は空港周辺を除き高度150m以下に下りることが出来ません。
そのため、航空機による航空写真は高い高度より広範囲を撮影した二次元的な写真となっていました。
しかし、ドローンの登場により、0m〜150m未満のいろんな視点での撮影が可能となりました。
また小回りも効き、普段目にすることのない立体感のある「写真」が撮影できます。
視点が近いということはダイナミックな撮影が可能となり、航空写真のワイド感と合わせて、ダイナミック〜ワイドな新しい表現が可能となりました。